洗顔石鹸 無添加 ニキビ

洗顔石鹸(無添加)を使ってニキビを治した方法とは!?

いいかげんにニキビを治したい・・・。
どうしてもどうしても治したい・・・。
こんな肌じゃなくて綺麗な肌になりたい・・・。
前はいつもいつもそう思っていました。
本当に思い出すのも嫌になるくらいニキビに悩んでいました。

 

洗顔石鹸(無添加)でニキビを治す

 

このサイトでは、ニキビに良いと言われる
洗顔石鹸(無添加)を使用して、
実際にニキビを治した経験談や、
オススメの石鹸などを紹介します。

 

 

 

もしも
このサイトに来てくれたあなたも
以前の私と同じ様な
たちの悪いニキビのお悩みを持っているのであれば、
ぜひぜひ参考にして頂きたいです。


 

昔はニキビだらけでホントに嫌でした・・・。

職場の人間関係のストレスがきっかけで、次々に増えていったニキビ・・・。
いつかストレスが解消したら治るだろうと思っていましたが、
年齢を重ねてからは、なかなか治らない。。。というのを実感する日々でしたT_T
肌のざらつきをあんなに感じた事もなかったと思います。
また次のニキビができてしまいそうで、
日々鏡を見るのも、肌を触るのも嫌になりました。

 

 

どうしても治したいと思う様になって、
ニキビ対策について、色々と調べていくうちに、
やはりしっかりとしたスキンケア(特に洗顔)が重要だと知りました。

 

 

ニキビができなくなった^^

そんな中で、洗顔石鹸がニキビ対策として効果が出やすいという噂を聞きました。
さらに、普段の生活の改善などももちろん重要だという事を知りました。
私は敏感肌なので、洗顔石鹸の中でも無添加のものを積極的に選択する様にしました。

 

洗顔石鹸(無添加)でニキビを治す

 

かならずしも石鹸でなくとも良いのですが、
なるべくオーガニックなものを選択する様にしました。
さらに、以下の事を心がける事で、ニキビができなくなったんです。

・ニキビに効果が高いと言われる洗顔石鹸を使用して洗顔を行う
・なるべく早めに就寝する
・普段、自分のニキビの事を意識しすぎない(手で触れたりは絶対NG)
・ストレッチなどをして、体の緊張感を取り除く

 

でも、やはり洗顔料を変えた事が大きかったと思います。
洗い上がりの肌が全然違っていたんです。
それまでは洗顔しても、肌がざらつく感じがあって、
タオルでこすったりしてしまってました。(これが良くなかった。。。)

 

でも、洗顔料を変えてみると、洗い上がりの肌がツルツルしていたんです。
これは!!かなりいいかも!と思いました^^
あのざらつきというのは、無理に取ろうとしてはいけないんですね。
無理にざらつきを取ろうとすると、逆に肌荒れしてしまいます。。。

 

ニキビができなくなっただけではなくて・・・

しかも、正しい洗顔を続ける事で、ニキビの跡も消えていったんです。
私の経験を同じような悩みを抱えている友人に教えた所、
とても喜んでいました(やったぁ☆)

 

洗顔石鹸(無添加)でニキビを治す

 

なので、もし同じような悩みを抱えている方がいるのであれば、
ぜひ私がニキビを治した方法や、対策の方法などをまとめたいと思ったんです。
※ただ、このサイトは、正直、私自身の備忘録的な意味で作成した部分もあります^^;笑

 

という事で、
ニキビを治すために大事な事はもちろん、
私が実践した無添加の洗顔石鹸を使用したスキンケアなどについて紹介しますね。

 

一つ注意が必要なのは、無添加とはいえ、石鹸によっては肌に合う合わないがあります。
なので、もし実際に洗顔石鹸を使用する場合は、
最初は効果が高いと言われている洗顔石鹸を順番に試して、
その中でいい!と思えるものがあったら使い続けるというのもいいと思います。

 

なんで無添加の洗顔石鹸でニキビが治ったのか?

これは実際に、洗顔石鹸を使用した後で知った事なのですが、
自分の肌はかなり敏感肌なので、それまでに使っていた市販のチューブ型の洗顔料とは相性があわなかった。
という部分がかなり大きかったんです。

 

合成界面活性剤とは?

洗顔石鹸(無添加)でニキビを治す

市販されているチューブ型の洗顔料には多くの場合、
「合成界面活性剤」が含まれています。肌がそこまで弱い人でなければ、
この「合成界面活性剤」は汚れを落とす手助けをするものなのですが、
肌が弱い私にとっては、逆に肌荒れの原因になるという事が分かりました。

 

ニキビ対策のためには、毛穴の汚れを落とすという事が大事だと思います。
そのためにはしっかりとした洗顔が必要なのですが、
この「合成界面活性剤」が含まれていると、逆に肌を刺激してしまい、ニキビの原因になっているという事が分かったんです。
※ちなみ、この「合成界面活性剤」は必ずしも悪いだけではなくて、
 化粧を落とす効果などはかなり高いという事も分かりました^^ 
でも私は苦手・・・。

 

なので、元々はストレスが原因でできたはずのニキビなのですが、
そのニキビを治そうとして、洗顔に力を入れ過ぎてしまい、さらにニキビが増えるという悪循環に陥っていたという事を知ったんです。

 

肌が弱い女の人は結構多いと思います。私はまさに肌が弱弱だったんです・・・
(今は男性にも多いらしいですね。)

 

 

なので、敏感な自分の肌に合った固形石鹸の洗顔料を使おうと思ったんです。
今思い返すと、本当に洗顔料を変えるという選択をして良かったと思っています。
いまだに当時の洗顔料を使い続けていたら・・・と思うとぞっとするくらい^^;

 

 

つまり自分には洗顔石鹸があっていた

 

上述した通り、無添加で固形の石鹸には「合成界面活性剤」が含まれていない事が分かりました。
だから簡単に言うと「肌に優しい石鹸」が自分には合っていたという事が分かったんです。

 

チューブ型の洗顔料は、洗顔効果が高いものもあるのですが、
敏感肌の私にとっては、肌荒れの原因となっていたんですね。
なので、汚れを取る効果が高くて、かつ肌に優しい石鹸を選択するという事が、
ニキビを治したい自分にとってはとても大事な事だったんです。

 

 

本気でニキビを治したいなら

本当にニキビを治したいなら、自分の肌の事をしっかりと知る事が大事ですよ。
で、もしあなたのお肌が、私と同じような敏感肌だったとしたら、
無添加の洗顔石鹸は本当にいいんじゃないかなと思います。

 

私自身が、ニキビの悩みから解放もされましたし、
私の友人も同じような敏感肌の子がいるんですけど、
同じように肌がすごく綺麗になったんですよ。

 

 

私は個人的には、肌は無理なお手入れはせずに、肌自身の力を高める事が大事だと思っています。
なので、
洗顔は毛穴の汚れをしっかりと取り除いてくれて、
油分などはほどよく取り除いてくれて、
なによりも、肌に優しいものがいいと思っているんです。

 

最近よく話題になっているワードでもありますが、
やっぱり「肌のターンノーバーを促す事」これが大事です。
肌が再生を繰り返す事で、ニキビの跡なども消えていきますし、
肌を活性化させて、肌の機能を取り戻すという事はスキンケアの基本なんですね。

 

 

色々と無添加洗顔石鹸がいいー♪って事を話してきましたケド、
具体的に私が使っていていいなぁって思っているものを順番に紹介したいと思います。

効果があった無添加の洗顔石鹸

さて、色々とこれまで私が無添加の洗顔石鹸を選ぶ様になった理由などを、
長々と書いてきましたが、じゃあ一体どんなのを使ったのよ?とお思いかもしれません。

 

なので、私自身がいいなと思った洗顔石鹸を紹介しますね。
私の基準でランキングをつけてみました。

 

 

ちなみにランキングの根拠は、
@肌に優しい(肌に刺激のある成分が含まれていない)
A汚れ落ちがいい(特に泡立ちがポイントです)
この2つを両立できる事こそが無添加の洗顔石鹸を使う最大のメリットだと感がえているからです。

 

さらに、
B多くの方に合うと言われている洗顔石鹸である事(口コミなどで良いと語る人が多い事)
もランキング根拠に含めています。

 

 

第1位 NonA
まず第1位はNonAです!
定番ですね。私も愛用しています。
泡立ちが良くて、汚れがしっかりと取れる印象があります。
ただ、敏感肌や乾燥肌だとあまり合わないかも。私は冬場は使ってません。
夏近くになるとかなり重宝します。個人的な意見ですが^^;
薬用ニキビ専用洗顔石けん「NonA(ノンエー)」

薬用ニキビ洗顔石鹸ノンエー


img/21.png

 

 

 

第2位 ハニーサンゴ石鹸
第2位はハニーサンゴ石鹸です。最近話題になっている洗顔石鹸ですがなかなか良いです。

 

ハニーサンゴ石鹸





img/21.png

 

 

第3位 米肌
さらに第3位は米肌です!
米肌【肌潤石鹸】





img/21.png